スポンサーリンク
収入の処理

利子補給金を受け取るときの仕訳のしかた

市や県の融資制度を活用して事業資金の借入をした場合は、市や県から利子補給金でお金がもらえる事がある。その時の仕訳の例と消費税の処理の方法。
個人の税金処理

確定申告で納税をした事業者は、予定納税の有無を確認しておくべき。

個人事業者は確定申告の計算結果で、その年の税額が15万以上であれば予定納税が7月と11月に発生する可能性がある。納税額の大きい場合は、資金の目途を立てておく必要がある。前年の予定納税が多いため還付の場合、今年の予定納税が無いとはかぎらない。
個人の税金処理

消費税を納めた個人事業者は、中間納付税額について備えておくべき

消費税を納税した個人事業者は、中間納付の支払いの可能性がある。消費税は、国税と地方税がの合計を支払うが、国税のみで48万超えるようであれば、中間納付の対象者。振替納税をしていれば、納期限が約1ヵ月のびる。
支出の処理

なにかと話題のNHKの受信料を払った時の仕訳のしかた。

なにかと話題のNHKの受信料は、特殊な負担金等と消費税の非課税や不課税のような言い方をされる事が多いですが、実際の仕訳では消費税の処理はどうするのか。
支出の処理

ガソリン代と軽油代の支払い時の仕訳は少し異なる

ガソリンや軽油を給油するときの仕訳は、本来は同じではない。ガソリンにはガソリン税、軽油には軽油引取税があり、消費税が課税か不課税かの違いがあるので、仕訳時には注意が必要。
支出の処理

長期契約の火災保険や地震保険に加入した場合の仕訳の注意点

不動産を所有している場合、火災保険や地震保険を一年契約で支払うより、長期一括契約で支払うほうが安くなります。支払いをした時にその支払った金額の処理の方法と仕訳の方法。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました